去る9月26日、『婦人公論』主催の「ランチタイムセミナー」が開かれました。2部構成で行われたこのセミナーには、多数の応募者の中から厳正なる抽選の結果当選された50名の読者の方々が参加。大盛況だった当日の模様をご紹介します

第1部第1部直木賞作家 村山由佳さん

村山由佳さん
第1部に登場された村山由佳さん。現在のパートナーとの関係について、「もともとは尽くしすぎて何も言えないタイプですが、今の相手とは大喧嘩することも。それだけ自分らしくいられて心地よい関係です」と話す一幕も

ランチをいただきながらの第1部は、直木賞作家の村山由佳さんが登場。執筆活動で多忙を極める村山さんですが、「地に足のついた生活」を大切にしているそう。「1日2食は自炊。締め切り前は面倒だと思うときもあるけれど、当たり前の生活をすることが私の小説に血肉を与えてくれています」。ほかにも、普段なかなか知ることのできない作家の日常や執筆秘話に、みなさん興味津々です。ランチ風景

ランチ風景

第2部第2部「健康と美容を応援する更年期セミナー」

第2部では、大塚製薬のご協力のもと「健康と美容を応援する更年期セミナー」を開講。講師の高輪台レディースクリニック副院長の瀧澤芳子先生によると、「女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少する40代以降は、その変化に体がついていけず、不調が出てしまう」のだとか。そんな更年期世代の女性の強い味方が「エクオール」です。「大豆イソフラボンをもとに腸内細菌が作り出すエクオールは、女性ホルモンのような働きによって更年期のさまざまな不調をサポートしてくれるのですが、日本人女性の約半数しか作り出せません。サプリメントで上手に補うのがおすすめですね」という話に、みなさんビックリ。質疑応答では、体に関する相談も飛び出し、診察室さながらの様子となりました。

参加された方々からは、「とても興味深かった」「たくさんメモをとりました」との声が。健やかに暮らすためのヒントになったことでしょう。

講師・高輪台レディースクリニック副院長の瀧澤芳子先生
講師・高輪台レディースクリニック副院長の瀧澤芳子先生
第2部「健康と美容を応援する更年期セミナー」の様子
第2部の講師・瀧澤芳子先生いわく、「エストロゲンの減少は、骨密度低下や、関節炎、認知症を引き起こす原因にもなる」とのこと。また、「日本人女性は我慢強いけれど、不調は我慢せず婦人科医に相談を」とアドバイスされました