撮影:内藤貞保、和気文具
毎年のことながら、新しい手帳を買うときのワクワク感ってうれしいですよね。最近は1月始まりのほか、4月始まり、9月始まりなど、さまざまなスタートのタイミングで選べるのもうれしいところ。きちんと使いこなせると、日々がランクアップした気分になれる手のひらサイズの相棒。その工夫のヒントを、インスタグラムで人気の老舗文具店に聞きました。

やっぱり人気! 手書きの手帳

最近は、パソコンやスマートフォンなどで予定管理をする人も増えていますが、やはり手書きの手帳には根強い人気があります。店舗まで足を運び、熱心に見ていく方も。

何と言っても手で書いたことは頭に残ります。さらに後で見返すと、筆跡や書かれた状態などから、その時の気持ちや状況まで伝わってくる。自分の字だと「あの時、ああだったな」と、記憶が蘇ってくるのです。

最近、あらためて「手作りの良さ」が注目されていると感じます。SNSを中心に広まって、世界的に流行しているのが、アメリカのデザイナーがはじめた「バレットジャーナル」という考え方。これは、シンプルなノートを利用して、箇条書きを基本に、予定や目標、To Doリストなどを書き込み、自由に自分の一冊を手作りするというものです。

そこまで手をかけなくても、ちょっとしたマイルールを設けたり、工夫をしたりするだけで、記録するのが楽しくなってくるはず。一冊を使いこなせると、満足感もあります。

私たちの店でも、文具を楽しく使ってほしいという気持ちから、手帳術は重要視しており、ホームページやSNSなどを通じて情報を発信しています。そこで反響の大きかったものをいくつかご紹介しましょう。