写真提供:月刊陸上競技
2020年の1月2日・3日に行われる第96回の箱根駅伝は、前回、初優勝を飾った東海大、強豪校の青山学院大、東洋大、駒沢大、前哨戦の出雲駅伝を制した国学院大が「5強」と呼ばれ、激しい優勝争いが予想されます。

安定した実績を残している法政大、躍進著しい東京国際大が「5強」の一角を崩すことができるのか、さらに前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝した筑波大が26年ぶりの箱根路にどんな足跡を残すのか、見どころは尽きません。

実力と精神力を兼ね備え、スランプすらも糧にして、チーム全体を牽引する者が駅伝のエースとなります。『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)では、群雄割拠といわれる今大会で、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、東海大学4年生の阪口竜平選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)「“戦国駅伝”に挑むエースたち」から一部抜粋

前回優勝の東海大エース

全国高校駅伝の1区上位選手が集まった「黄金世代」の中で、下級生の頃は目立つ存在ではなかった。2年夏に本格挑戦を始めた3000メートル障害で活躍の場を広げ、今季はついに初の日本一を達成。連覇のかかる箱根駅伝で「チームのエースとして、自分の役割を果たす」と、言葉に自信がこもる。

『箱根駅伝ガイド決定版2020』読売新聞社・編

前回の箱根では7区区間2位の走りでトップを走っていた東洋大との差を一気に縮め、逆転優勝を引き寄せた立役者に、両角速監督は今季当初、3000メートル障害の出場を控えるよう促した。昨年7月に出場した2000メートル障害で左足首を痛め、出雲、全日本の両駅伝を棒に振ったことが念頭にあったからだ。

それでも、「来年の東京五輪に挑戦するため、今年は絶対に世界選手権に出場したい」と何度も訴えた阪口の熱意をくみ、指揮官も挑戦にゴーサインを出した。

2月から約2か月にわたる米国合宿で、リオデジャネイロ五輪銀メダリストのエバン・ジャガー(米)ら海外トップランナーと交流。国内では取り組む選手が少ない、ハードルに足をかけずに跳ぶ技術を学び、飛躍のきっかけをつかんだ。