撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2020年の1月2日・3日に行われる第96回の箱根駅伝は、前回、初優勝を飾った東海大、強豪校の青山学院大、東洋大、駒沢大、前哨戦の出雲駅伝を制した国学院大が「5強」と呼ばれ、激しい優勝争いが予想されます。

安定した実績を残している法政大、躍進著しい東京国際大が「5強」の一角を崩すことができるのか、さらに前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝した筑波大が26年ぶりの箱根路にどんな足跡を残すのか、見どころは尽きません。

実力と精神力を兼ね備え、スランプすらも糧にして、チーム全体を牽引する者が駅伝のエースとなります。『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)では、群雄割拠といわれる今大会で、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、青山学院大学3年生の吉田圭太選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)「“戦国駅伝”に挑むエースたち」から一部抜粋

3大駅伝全区間賞の鮮烈デビュー

青学大が誇る真の「駅伝男」へ。思い描く目標へ向かう歩みは、迷いがなく、そして力強い。

『箱根駅伝ガイド決定版2020』読売新聞社・編

昨季の3大駅伝デビューは鮮烈だった。出雲4区、全日本6区、箱根は9区のすべてで区間賞を獲得した。今年2月からは約半年間、在籍する地球社会共生学部の課題となっている海外留学でニュージーランドへ。勉強に励みながら走り込んだ。合宿中の実業団選手らと練習する機会にも恵まれ、「異なる環境で取り組めたことはいい経験になった」と振り返る。

例年と異なる夏前までの時間を充実した形で過ごし、スピードが覚醒する。7月のホクレン・ディスタンス北見大会5000メートルで13分49秒33の自己新。さらに9月の日本インカレで13分43秒54まで記録を短縮し、日本勢トップの3位に入った。

迎えた駅伝シーズン。ここまでの走りは、箱根で中位を狙うチームの主力なら評価されるものだろう。だが、実力を考えれば周囲を納得させる結果とはまだ言いがたい。出雲では3区区間4位でチームも5位。そして「足元を見つめ直すいいきっかけになった」と語るのが、準優勝で連覇を逃した全日本だった。