撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2020年の1月2日・3日に行われる第96回の箱根駅伝は、前回、初優勝を飾った東海大、強豪校の青山学院大、東洋大、駒沢大、前哨戦の出雲駅伝を制した国学院大が「5強」と呼ばれ、激しい優勝争いが予想されます。

安定した実績を残している法政大、躍進著しい東京国際大が「5強」の一角を崩すことができるのか、さらに前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝した筑波大が26年ぶりの箱根路にどんな足跡を残すのか、見どころは尽きません。

実力と精神力を兼ね備え、スランプすらも糧にして、チーム全体を牽引する者が駅伝のエースとなります。『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)では、群雄割拠といわれる今大会で、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、東海大学4年生の阪口竜平選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)「“戦国駅伝”に挑むエースたち」から一部抜粋

前回、区間3位に沈んだ「山の神」

箱根駅伝最大の見せ場である5区の山上りで、注目される一人だろう。

『箱根駅伝ガイド決定版2020』読売新聞社・編

前々回、9人抜きで区間賞。タイムは1時間11分44秒の区間新記録だった。前回は、7人抜きで自身のタイムをさらに15秒更新した。しかし、浦野雄平(当時3年・国学院大)と西田壮志(当時2年・東海大)がそれを上回り、区間3位にとどまった。

「前回は負けてしまったので、今回は勝たないといけない。まずは区間賞、そして区間新を目指す。去年と同じようなタイムでは通用しない。段違いに速いタイムで走りたい」と雪辱を期す。決して山上りが好きなわけではないが、「それがチームの強みになるのであれば、自分が行かなければいけない」と覚悟を決める。

全日本ではアンカーを務め、チームを15位から11位に引き上げた。各校のエース級が集うなかで区間4位の快走だった。しかし、笑顔はなかった。「シード権確保(8位以内)まで行くのが目標だった。全然、自分の仕事ができなかった」

出雲と全日本の両駅伝では、1万メートル28分台の記録を持つ佐藤敏也(4年)と、主将の坪井慧(4年)を故障で欠いた。孤軍奮闘した青木は「4年生の足並みがそろわずチームに迷惑をかけた。箱根では4年生がしっかり走って、下級生にシード権を残してあげたい」と、最上級生の奮起を誓った。(塩見要次郎)

 

「戦国駅伝」に挑むエースたち・6
青木涼真(あおき・りょうま)法政大学4年
1997年6月16日生まれ。埼玉・久喜市出身、埼玉・春日部高校。167センチ、56キロ。

【2019年記録】
出雲:3区/24分20秒/区間7位
全日本:8区/58分38秒/区間4位
【箱根記録】
1年(17):8区/1時間07分20秒/区間9位
2年(18):5区/1時間11分44秒/区間1位
3年(19):5区/1時間11分29秒/区間3位

注目エースたちの一覧はこちら


箱根駅伝2020年は、1月2日・3日 朝8時スタート!

応援&テレビ観戦に欠かせない
『箱根駅伝ガイド決定版2020』が好評発売中です

各校のエースの紹介の他にも、出場全チームの戦力分析と選手名鑑、コースガイドのほか、勝利の行方を大胆に予測する大会展望、有力校の調整ぶりを伝える直前ルポなど、読み物も満載です

目次はこちら

箱根駅伝のニュースや話題は、「読売新聞オンライン」の特設ページ「箱根駅伝」もチェック!

読売新聞オンライン箱根駅伝サイト