撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2020年の1月2日・3日に行われる第96回の箱根駅伝は、前回、初優勝を飾った東海大、強豪校の青山学院大、東洋大、駒沢大、前哨戦の出雲駅伝を制した国学院大が「5強」と呼ばれ、激しい優勝争いが予想されます。

安定した実績を残している法政大、躍進著しい東京国際大が「5強」の一角を崩すことができるのか、さらに前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝した筑波大が26年ぶりの箱根路にどんな足跡を残すのか、見どころは尽きません。

実力と精神力を兼ね備え、スランプすらも糧にして、チーム全体を牽引する者が駅伝のエースとなります。『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)では、群雄割拠といわれる今大会で、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、早稲田大学4年生の太田智樹選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)「“戦国駅伝”に挑むエースたち」から一部抜粋

寡黙な主将がチームを変えた

屈辱をぐっとかみしめ、低迷が続いたチームを、背中で引っ張ってきた。

『箱根駅伝ガイド決定版2020』読売新聞社・編

昨年度の大学3大駅伝で、チームはすべて2桁順位。箱根では故障明けにもかかわらず、選手層の薄さからエース区間の2区を引き受け区間21位。練習不足で足が動かないなか、14人に抜かれた。

「全部自分のせい」。悔しさと、背負い込んだ責任を、主将はバネにした。4月に5000メートルで13分58秒72の自己ベストをマークすると、5月の関東インカレ1万メートルで6位入賞。練習でも、合宿でも、常に先頭を切った。

「正直、箱根直後はやる気も起こらなかったけど、足が治ってからは自分が一番練習して、結果を出して、それがチームに伝われば、と意識してやってきた」

黙々と、自らに厳しく練習に打ち込む姿に、チームも変わった。中堅選手が積極的に集団を引っ張るようになったり、力のない選手も上位に食らいつくようになったり。「去年に比べると、誰かに任せておけばいいやという雰囲気はなくなってきた」。寡黙な主将は満足げに語る。

全日本では、2区で8人を抜く区間4位で6位入賞に貢献。「流れを変える走りができた。箱根でも流れを作る役割を果たすだけ」。前々回の2区では区間6位。たくましく成長したエースは、古豪を完全復活に導く夢を描く。(近藤雄二)

 

「戦国駅伝」に挑むエースたち・7
太田智樹(おおた・ともき)早稲田大学4年
1997年10月17日生まれ。静岡・浜松市出身、静岡・浜松日体高校。175センチ、58キロ。

【2019年記録】
出雲:-
全日本:2区/31分48秒/区間4位
【箱根記録】
1年(17):8区/1時間08分32秒/区間14位
2年(18):2区/1時間08分04秒/区間6位
3年(19):2区/1時間11分08秒/区間21位

注目エースたちの一覧はこちら


箱根駅伝2020年は、1月2日・3日 朝8時スタート!

応援&テレビ観戦に欠かせない
『箱根駅伝ガイド決定版2020』が好評発売中です

各校のエースの紹介の他にも、出場全チームの戦力分析と選手名鑑、コースガイドのほか、勝利の行方を大胆に予測する大会展望、有力校の調整ぶりを伝える直前ルポなど、読み物も満載です

目次はこちら

箱根駅伝のニュースや話題は、「読売新聞オンライン」の特設ページ「箱根駅伝」もチェック!

読売新聞オンライン箱根駅伝サイト