撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2020年の1月2日・3日に行われる第96回の箱根駅伝は、前回、初優勝を飾った東海大、強豪校の青山学院大、東洋大、駒沢大、前哨戦の出雲駅伝を制した国学院大が「5強」と呼ばれ、激しい優勝争いが予想されます。

安定した実績を残している法政大、躍進著しい東京国際大が「5強」の一角を崩すことができるのか、さらに前身の東京高等師範学校時代に第1回大会で優勝した筑波大が26年ぶりの箱根路にどんな足跡を残すのか、見どころは尽きません。

実力と精神力を兼ね備え、スランプすらも糧にして、チーム全体を牽引する者が駅伝のエースとなります。『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)では、群雄割拠といわれる今大会で、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、中央大学4年生の舟津彰馬選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2020』(読売新聞社・編)「“戦国駅伝”に挑むエースたち」から一部抜粋

主将として、エースとして

予選会で箱根に出場する最後の1校が発表される直前、頭に苦い記憶がよぎった。10位と44秒差で箱根を逃し、チームの連続出場が87で止まった3年前の予選会だ。その時、1年生ながら主将を務め、矢面に立たされたのが舟津だった。

『箱根駅伝ガイド決定版2020』読売新聞社・編

悪夢の再来にはならず、結果は10位。舟津は胸に手を当て、何度もうなずいた。「ここ一番でつなげられたのは、3年前と違うところ。後輩たちが自分たちについてきてくれた結果だと思う」

不振のチームを改革するため、藤原正和監督から主将に抜擢されたのは、入学からわずか3か月後。予選会敗退の責任を背負って2年時も主将を務め、箱根に返り咲いた。主将から離れた昨季は成績がふるわず、「主将の立場で何をすべきか考えるほうが、うまくいく感じがする」。最終学年の今季、主将に戻ってチームの誰よりも練習を積んできた。

過去の箱根は2年で1区区間12位、3年で6区区間17位。今回の予選会はチーム9番手にとどまり、1500メートルで3分38秒65の日本歴代8位の記録を持つ実力は出せていない。

「主将もだが、エースとしてもう一度認めてもらいたい」と雪辱に燃える。8年ぶりのシード権獲得を、目標よりも重い「義務」と位置づける。伝統校だからこそのしかかる重圧を力に変えて、最後の箱根に挑む。(横井美帆)

「戦国駅伝」に挑むエースたち・8
舟津彰馬(ふなつ・しょうま)中央大学4年
1997年9月25日生まれ。福岡・福岡市出身、福岡・福岡大大濠高校。169センチ、57キロ。

【2019年記録】
出雲:-
全日本:-
【箱根記録】
2年(18):1区/1時間02分58秒/区間12位
3年(19):6区/1時間00分45秒/区間17位

注目エースたちの一覧はこちら


箱根駅伝2020年は、1月2日・3日 朝8時スタート!

応援&テレビ観戦に欠かせない
『箱根駅伝ガイド決定版2020』が好評発売中です

各校のエースの紹介の他にも、出場全チームの戦力分析と選手名鑑、コースガイドのほか、勝利の行方を大胆に予測する大会展望、有力校の調整ぶりを伝える直前ルポなど、読み物も満載です

目次はこちら

箱根駅伝のニュースや話題は、「読売新聞オンライン」の特設ページ「箱根駅伝」もチェック!

読売新聞オンライン箱根駅伝サイト