イラスト:髙安恭ノ介
あのとき、あの選択をしなかったら……。今の私は少し違っていたかもしれない。転勤族の家に生まれたことが「ハズレクジ」だったという美佳子さん(仮名・68歳)の、歩んできた道は――(「読者体験手記」より)

小学校は4回、中学校は3回転校

私の人生における「ハズレクジ」の一つは転勤族の家に生まれたことである。父は国家公務員で、40年以上、コツコツと真面目に職務をまっとうし、私たち家族を養い続けてきた。その点では私も大いに感謝している。

しかし全国各地を平均2年のペースで転々としていたことが、仕事にも結婚にも響いている、とつい思ってしまう。責任の半分以上は私自身の意志の弱さ、計画性のなさに起因しているとわかってはいるものの……。

父が30年前に定年を迎えるまで、私は父の転勤に伴い20ヵ所以上、各地を渡り歩いた。職場の同僚たちは「いろんなところを見てまわれて羨ましい」と口々に言う。しかし楽しい面以上に、やっと慣れてきた学校や会社をかわるのはそれだけで重い負担であり、淋しさや次の土地への不安が絶えずつきまとった。

小学校は4回、中学校は3回転校、高校も本当なら1年ずつ転校するはずだったが、祖母と一緒に伯父の家に世話になり、転校せずに済んだ。短大は親元から通えたが、卒業後にせっかく入社した自動車会社も1年あまりで退社。次に福島で勤めた住宅会社は1年で退社し、栃木で自動車会社に2年弱勤めて2回ボーナスをいただくと、今度は長野に飛んだ。

栃木までは年齢的に若かったこともあり運良く正社員として働くことができたが、長野以降は、すべてパートの身分だった。

この頃から私の心の中は、「どうせ正社員になって頑張っても、またそのうち退社しなければならない」と、意欲喪失、諦めの心境へと変わっていった。

私にもう少しファイトやタフな心が備わっていれば、親から独立して、一人で正社員として働き続けようと思ったかもしれない。しかし一人っ子として育ち、両親や祖母が常に存在していた環境を飛び出すのは容易なことではなかった。父親の単身赴任はまだ珍しい時代でもある。