イラスト:曽根愛
親の介護をめぐってあらわになる、きょうだいそれぞれの考え方や事情。“助け合って支える”なんて、理想かおとぎ話なのでしょうか。老いた親を前に、きょうだいの本性を見てしまったら、あぜんとするばかりです。高田明子さん(仮名)の場合は──(「読者体験手記」より)

気づけばネグレクト状態になっていて

夫は、弟の信也と二人兄弟。山梨の田舎町でのんびりと育った。大学卒業後、夫は東京で就職したが、弟は故郷に戻って公務員に。「兄貴はいいよね。たまに来て優しいことだけ言ってりゃ、ばあちゃんはご機嫌になるんだから」と事あるごとに言う。

その生き方を選んだのは、義弟自身なのだから気にすることはないのに、夫にはどこかうしろめたさがあるらしい。何かにつけ弟一家を立てるようなところがある。そしてその気づかいが、いまだに事の解決を阻害しているのだ。

夫の生家には代々受け継いだ広大な土地があり、アパート2棟に月極駐車場20台分を持っていた。義弟は結婚して敷地内に別棟を建てて暮らし、2人の孫は、仕事を持つ嫁に代わり、姑が育てた。

義妹は家事が苦手で家の中も荒れ放題。金銭的にもだらしなく、ブランド大好き。あの家に姑がいたからこそ、どうにか人並みの日常生活が保たれてきたのである。

15年前に舅が亡くなったとき、義弟は夫に対して全面的な遺産放棄を要求してきた。もめ事が嫌いな夫は何も言わずに印鑑を押した。私としては、義弟だけがお金を生む土地を相続することに不満はあったが、これで義弟一家が姑の面倒を全面的にみてくれることがはっきりしたのだから、とあきらめた。こちらは私の親の介護を引き受けていて、手いっぱいでもあった。

ところが義弟の思惑より相続した現金は少なかったようだ。相続税のために、土地の一部を手放すことになったらしい。舅の一周忌のときに、広い庭の手入れなど、自宅の維持にも思ったよりお金がかかって大変だとくどくど嘆き、夫は言いくるめられて、なぜかお寺に支払うお布施10万円を払わされることになった。香典として、すでに10万円を包んでいるのに……。

姑の米寿のお祝いに温泉旅行を計画したときには、「兄貴たちだけじゃ、ばあちゃんの世話も大変だから、俺たちも行くよ」と言ってついてきた。が、もちろん宿泊費はすべてこちら持ちだった。