同じように見えても、毎シーズン少しずつ進化しているのが「質感」(撮影:ジョン・チャン)
少しずつしか減らないアイカラーは、買い替えどきを逃しがち。でも、若々しさや美しい肌をキープするためには、長く使い続けるのはNGです。何年も同じものを使っているなら、この秋こそ新調して、新しいカラーに挑戦しましょう(撮影=ジョン・チャン スタイリング=大沼静 構成・文=小林良子)

1. 若々しい表情をつくる

同じように見えても、毎シーズン少しずつ進化しているのが「質感」。実は、この質感が今っぽさを生み出すポイントです。

古臭いメイクにならないためには、定期的にカラーアイテムを見直すのがベター

2. 化粧もちがアップ

さまざまな研究により、「機能性」も格段に上がっているカラーアイテム。夕方になるとアイメイクが薄くなったり、ヨレたり。

そんな悩みも、最新のアイテムならすっきり解決してくれるはず

3. 素肌を健康的に

時間が経つにつれ、メイクアイテムに含まれる成分は劣化してしまうもの。指やブラシで何度も触れるため「衛生面」も心配です。

使用頻度や使い方にもよりますが、アイカラーなら最低1年に1度は見直したいもの。