1998年に『婦人公論』に初登場した「傾斜宮占い」。以来、「ズバリ言い当てている」「日々の道しるべとして頼りにしている」と熱烈な支持を集めてきました。人間の本質を鋭く見抜くのはもちろん、具体的な行動の指針を示してくれるので、家族、社会とかかわりながら自分らしい生き方を模索する大人の女性にぴったり。晴れの日、曇りの日、雨の日があるように、人生の好調、不調のリズムも天の導きによって巡ります。運気の流れを読み解いて、日々を充実させましょう。

中津川流傾斜宮占いとは

人間の生年・生月日を五行と九方位に分類、組み合わせて生じた9種類の傾斜をシンボル化したものが九つの傾斜宮。これに中国の古典『易経』を加味したのが中津川流傾斜宮です。

あなたの傾斜宮は?

生年(ヨコ列・T=大正、S=昭和、H=平成/生年が表にない場合は、この配列にしたがって当てはめてください。T7はS2の列に、H12はT8の列になります)と、生月日(タテ列)の交わったところがあなたの傾斜宮です。
例:昭和43年10月1日生まれの傾斜宮は「乾宮」

 

11月10日〜11月23日の金運・健康運

中津川りえ(なかつがわ・りえ)
占い師。1998年に「傾斜宮占い」を『婦人公論』に発表、以来熱烈な支持を集めている。最新刊『幸せガイドブック傾斜宮占い』(中公文庫)が発売中。「音読で喉の健康を維持しています。音訳ボランティア養成講座を受けたことを思い出しました」