イラスト:朝生ゆりこ
日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修)から、身のまわりの植物のマメ知識を紹介。今回は、【イチョウの色づき、その特徴って?】です。

秋の黄葉のしくみとは?

秋になると、イチョウの葉っぱはきれいに黄葉します。この黄葉の特徴は、個々の木の色づきの美しさが、場所によっても、年によっても、違わないことです。たとえば、「あそこのイチョウは色づきがよい」とか「あそこのイチョウは色づきがよくない」と、場所によって、色づきの美しさが見比べられることはありません。

「あそこのイチョウ並木は美しい」といわれることはあります。しかし、これは、個々の木の葉っぱの色づきがよいということではなく、黄葉したイチョウの木が集まっているので、並木道が美しく見えるということです。

また、「今年のイチョウの色づきは美しい」とか、「今年はイチョウの色づきがよくない」などと、年による色づきの美しさの違いもいわれません。イチョウの黄葉は、場所によっても、年によっても、違わないのです。

その理由は、「葉っぱが黄葉するために、秋に黄色い色素がわざわざつくられるのではなく、すでにつくられていたものが目立ってくる」だけだからです。夏に、葉っぱが緑色のときに、黄色い色素がすでにつくられているのです。

緑色の色素は「クロロフィル」、黄色の色素は「カロテノイド」という名前です。クロロフィルの緑色は春からずっと葉っぱで目立ち、カロテノイドの黄色は、緑色の濃さに負けてしまい、存在していても目立ちません。

ところが、秋になって、気温が低くなると、緑色の色素は、葉っぱから消えていきます。すると、緑色のために目立たなかった黄色い色素が目立ってきて、葉っぱは黄色くなります。

気温の低下が早くおこる年には、緑の色素の消えるのが早く、黄葉が早めに訪れます。逆に、秋の気温の低下が遅い年には、緑の色素の消えるのが遅くなり、黄葉が遅れます。そのため、「今年の黄葉は早い」とか「今年の黄葉は遅い」といわれ、黄葉の訪れは年により違うのです。

しかし、冬が近づけば、気温は確実に下がります。ですから、緑色の色素は消え、隠れていた黄色の色素が目立ち、葉っぱは黄色になります。そのため、黄葉の美しさは、早い遅いはあっても、年や場所で、異ならないのです。

イチョウ(鴨脚樹・公孫樹)

[科名]イチョウ科
[別名]ギンナン(銀杏)、チチノキ(乳の木)
[原産地]中国
[都道府県の木・花]東京都、神奈川県、大阪府
[花言葉]荘厳、長寿、鎮魂