カエデとモミジの関係は?

「カエデ」という名前は「蛙手(カエルデ)」に由来しているのですが、カエデを指すときに「モミジ」という語が使われ、逆に、「モミジ」という語が「カエデ」の木を指すように使われます。そのため、カエデとモミジという言葉の関係に疑問がもたれます。

これは、「紅葉」という語が「モミジ」と読まれることに由来します。葉っぱが赤味を帯びて紅葉する様子や姿を「紅葉づ(もみづ)」ということから、赤く色づいた葉は「モミジ」とよばれるようになりました。

赤く色づく葉を「モミジ」といえば、日本では「モミジ」の代表は「カエデ」です。ですから、「モミジ」という語が「カエデ」の木を指すようになり、「カエデ」を指すときにも「モミジ」という語が使われるようになったのです。

今では「カエデ」と「モミジ」の語に区別はなくなりなりました。「イロハカエデ」という植物名も「イロハモミジ」といわれ、こちらのほうが多くの人に使われるようになっています。

カエデ(楓)

[科名]カエデ科
[原産地]北半球の温帯
[都道府県の木・花]山梨県(カエデ)、滋賀県(モミジ)、広島県(モミジ)
[花言葉]大切な思い出、美しい変化、遠慮、調和