イラスト:朝生ゆりこ

 

 

日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修 絵:朝生ゆりこ 中央公論新社刊)から、身のまわりの植物クイズを出題。今回の問題は、「光秀の家紋に使われた花は?」です。
答えは…

 

 

キキョウ!

明智光秀の家紋となる花

キキョウは、夏から秋に青紫色の花を咲かせます。クズ、ハギ、ススキ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマとともに、この植物は「秋の七草」の一つとなっています。

花の色は、あまりにあざやかなので印象深く、「桔梗色」という名がついています。花の色がそのまま色を表す言葉に使われるのはそんなに多くなく、「桜色」「桃色」「山吹色」などであり、その中の一つとなっています。

花は、茎の先端に咲き、咲くまでは釣り鐘、あるいは、風船に見立てられるような姿をしています。この植物の英語名の「ベル(釣り鐘)・フラワー」、あるいは、「バルーン(風船)・フラワー」は、この姿にちなんでいます。

京都市東山区に、真言宗智山派の総本山である智積院(ちしゃくいん)があります。このお寺は「松に立葵図」「桜図」「楓図」などの植物の障壁画で有名ですが、このお寺の寺紋は、キキョウです。夏には、参道沿いに約70メートル、3000株が、紫や白の花を咲き誇ります。

開いた花の形は、花びらの先が大きく五つに分かれて絵に描きやすい形をしています。そのためか、古来、家紋などに多く用いられてきています。明智光秀の家紋として有名です。

根は、ゴボウのように太く、「桔梗根(ききょうこん)」といわれて、痰(たん)を取り去るなどの効果がある漢方薬として使われます。