イラスト;マルー
阿川佐和子さんが『婦人公論』で好評連載中のエッセイ「見上げれば三日月」。昨今の必需品といえば、マスク、そしてエコバックです。しかし、これ、意識していないとつい忘れてしまって、出先で調達するハメに……

最近、お洒落なマスクをいただく機会が増えてきた。

「よかったら使ってみてください」

ほとんどが下さった方の手作りである。刺繍のついたテーブルランナーを切って作ったもの、友禅染めの切れ端を使って成形したもの、ワンピースにしたくなるような縞柄花柄木綿製、端に愛らしいレースの飾りがついたマスクなど、上等なものばかりだ。世の中には器用で気前のいい人が多いとつくづく感服する。いちばん驚いたのは、スワトウ刺繍のハンカチで作られたマスクである。

「こんな高価なハンカチをマスクに?」

驚いて訊ねると、

「いいのいいの。マスクにしたほうが役立つでしょ」

それはそうかもしれないけれど。遠慮の体を装いつつちゃっかり頂戴して帰る。が、もったいなくてすぐには使えない。今、私のマスク置き場には、見ているだけでうっとりするようなマスクがたくさん保存されている。

しかし実際のところ、こういうお手製マスクのほうが、市販のマスクよりはるかに長持ちする。帰宅して顔からはずし、手を洗いながら同時にマスクも石鹸で洗い、そのままゴムの部分を蛇口にひっかけて干せば、まもなく乾いて新品同然。ほとんど劣化の跡はない。