吉田圭太選手(写真提供:『月刊陸上競技』)
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、青山学院大学4年生の吉田圭太選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

和気あいあいとした雰囲気作りを

「ごめん、申し訳ない」。アンカーとして4位でゴールした全日本の直後、苦楽を共にしてきた主将の神林勇太(4年)のスマートフォンにメッセージを送った。「いつもと表情も走りも違う」と変調を感じ取っていた盟友には「気にするな」と励まされたが、優勝を逃した責任を一身に背負った。

7区で神林が5人抜きを演じて首位に立ち、39秒の貯金で迎えた最終8区。「安全圏」とみられたが、吉田の走りに普段の軽快さがなく、区間11位に沈んだ。「4年生なのに足を引っ張った。ふがいない」と声を絞り出した。

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)

駅伝デビューを果たした2年時の活躍は鮮烈だった。出雲4区、全日本6区、箱根9区とすべて区間賞。以来、エースとしての自覚を持ち、チームを支えてきた。コロナ禍の今季は「下級生が過ごしやすいように、今まで以上に明るく、和気あいあいとした雰囲気作りを意識した」。一方で、最上級生の重責をひしひしと感じるようになった。