撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、東海大学4年生の塩沢稀夕選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

区間賞に届かなかったのは力不足

全日本3区、前走者のブレーキで、トップと1分秒差の位という「想定外の位置」でタスキを受けた。それでも、無心で前を行く走者の背中を追い、区間2位の快走で6人をごぼう抜き。最終的にチームが2位まで巻き返す流れを作った大仕事だったが、「区間賞が目標だった。届かなかったのは力不足」と満足感はない。

三重・伊賀白鳳高3年の全国高校駅伝では、エース区間の1区で区間2位と好走。東海大入学後も1年目から全日本に出場した期待の星だったが、2年までは両大腿(だいたい)骨の疲労骨折をはじめ、相次ぐ故障に悩まされた。

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)

3年目を迎えた昨季、「本当に毎日コツコツとできることを積み重ね、ようやくケガなく練習が積めるようになった」。3大駅伝すべてで主要区間を任され、出雲の3区区間6位に続き、全日本も3区区間3位の力走で年ぶり2度目の優勝に貢献。箱根では「花の2区」を区間7位でまとめ、役割は果たした。