撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、駒澤大学2年生の田沢廉選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

6年ぶりの栄冠

身上は他を圧倒する攻めの走り。2年生にして名門のエースとなった逸材は、勝負強さをも身につけた。

最終8区を託された全日本。トップの青学大と秒差の3位でタスキを受け取った。「何秒差とか関係なく、優勝のゴールテープを切ってやる」。1メートル80の長身から生み出すダイナミックなフォームで、2秒前に出た東海大の名取燎太(4年)とともに早々に青学大を抜き去ると、中盤以降は名取の背後にぴたりとついて勝負に徹した。圧巻は、残り1.3キロ付近で仕掛けた不意打ちの猛スパート。「残り1キロだとついてくると考えた。計画はなかったけど、ここで仕掛ければいけるという感覚があった」。最後は後ろを振り返る余力すら見せ、チームに6年ぶりの栄冠をもたらした。

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)