撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、順天堂大学1年生の三浦龍司選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

ロードは箱根優勝が最大の目標

3月まで高校生だった18歳は、レースのたびに周囲の度肝を抜いている。「トラックで五輪に出場し、ロードは箱根優勝が最大の目標」。その言葉に違(たが)わぬ結果を出し続けている。

10月の予選会では個人5位、日本勢トップとなる1時間1分秒でフィニッシュし、ロードの目標達成に向けた挑戦権獲得に貢献した。後方で力をため、最終盤で前方のライバルを次々と振り切っていく。その表情からは余裕すら漂っていた。「最後は並んで勝負したいと思っていた。じわじわ差を詰めて、勝ててよかった」。この日が自身初のハーフマラソンだったが、思惑通りにレースを運べるしたたかさも備える。

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)

2週間後の全日本では、1区で区間新に輝いた。大学駅伝のデビュー戦、そして調整期間が短い中でも結果を出し、「スタミナ面は大きく成長できたと思う。あとはスピードの切り替え」と手応えを得た。