撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、国学院大学3年生の藤木宏太選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

リベンジへの思いがわき上がる

反骨心の塊だ。前回、チームを過去最高の3位に導いた浦野雄平(現・富士通)、土方英和(現・ホンダ)らが卒業。チーム力低下を懸念する声に、こう言い切る。

「前回は4年生がいたから強かったって言われるのが一番嫌。一言も言わせない結果を出したい」

今季は言葉通りの力を見せてきた。7月は1万メートルで土方や東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(現・富士通)らを破って、28分24秒79の自己ベスト。日本インカレは1万メートルで日本人3番手に入った。

駅伝では全日本7区で区間7位。「シード落ちの決定打は自分」と肩を落としたが、すぐに前を向いた。「箱根では区間新くらい出さないと」。リベンジへの思いがわき上がる。

反骨心は北海道栄高時代に磨かれた。冬場の日課は練習前の雪かき。次第に凍っていく靴で走り続け、「こんなもんじゃ負けないという精神が鍛えられた」。前回は1区区間2位。その時も「悔しくてたまらなかった」と帰省せずに走り込んだ。「箱根は相応の記録を追い求めたい」。エースは結果ですべてを語るつもりだ。(工藤圭太)

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)
次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち・1
藤木宏太(ふじき・こうた)国学院大3年
北海道・上富良野町出身、北海道・北海道栄高校。172センチ、51.5キロ

【2020年記録】
全日本:7区/52分21秒/区間7位
【箱根記録】
1年(19年):1区/1時間02分57秒/区間10位
2年(20年):1区/1時間01分18秒/区間2位

個性輝くエースたちの一覧はこちら


箱根駅伝2021年は、1月2日・3日 朝8時スタート!

箱根駅伝の応援に関するお願いはこちらをクリック!(PDF)


応援&テレビ観戦に欠かせない
『箱根駅伝ガイド決定版2021』が好評発売中です

注目のエースランナーの紹介、出場全チームの戦力分析と選手名鑑、コースガイドのほか、勝利の行方を大胆に予測する大会展望、有力校の調整ぶりを伝える直前ルポなど、読み物も満載です

目次はこちら

箱根駅伝のニュースや話題は、「読売新聞オンライン」の特設ページ「箱根駅伝」もチェック!

読売新聞オンライン箱根駅伝サイト