撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
新型コロナウイルスの感染拡大でチームの活動も制限されるなか、選手たちは箱根路を駆ける希望を抱きながら鍛錬を続けてきました。2021年の1月2日・3日に行われる第97回箱根駅伝は、そんな選手たちにとって、特別な「夢舞台」といえるでしょう。

今大会は、前回王者の青学大、全日本を制した駒大、王座奪還を狙う東海大が「3強」と目されています。明大、早大、東洋大、国学院大らの実力校がこの3校に肉薄する実力を持ち、例年以上にドラマチックな展開が期待されています

箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、東洋大学4年生の西山和弥選手です.

※『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)「次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち」から一部抜粋

このままでは終われない

ルーキーイヤーから箱根駅伝1区で2年連続区間賞に輝き、2年時の日本選手権1万メートルで4位入賞。実績面では紛れもないエースだが、本人はよしとしない。「東洋の歴代エースは、どんな時でも負けない選手。自分は、そうと言える結果を残せていない」

昨季は股関節の故障を抱え、苦しい走りが続いた。得意の箱根1区も14位と出遅れ、チームは10位と低迷。「すべてのレースを間に合わせで何とか走ったという状況で、自信も失っていた」

トンネルの出口が見えずにいた今夏、きっかけを求め、マラソン日本記録を持つ大迫傑(現・ナイキ)主催の合宿に参加した。「練習に臨む姿勢に、すごく刺激を受けた」。憧れの人に倣って準備やダウンに費やす時間を増やし、9月の日本インカレ1万メートルでは日本人2番手の5位と好走を見せた。

10月には1万メートルで28分3秒94の好記録をマーク。完全復活を遂げたかに思われたが、2週間後の全日本では主要区間の7区で区間11位と、またも期待に応えられなかった。「このままでは終われない」。集大成の箱根路では、鉄紺のエースにふさわしい走りを見せて終わりたい。(西口大地)

『箱根駅伝ガイド決定版2021』(読売新聞社・編)
次なる〈駅伝男〉は誰? 個性輝くエースたち・1
西山和弥(にしやま・かずや)東洋大4年
群馬・伊勢崎市出身、群馬・東農大第二高校
167センチ、52キロ

【2020年記録】
全日本:7区/53分14秒/区間11位
【箱根記録】
1年(18年):1区/1時間02分16秒/区間1位
2年(19年):1区/1時間02分35秒/区間1位
3年(20年):1区/1時間03分15秒/区間14位

個性輝くエースたちの一覧はこちら


箱根駅伝2021年は、1月2日・3日 朝8時スタート!

箱根駅伝の応援に関するお願いはこちらをクリック!(PDF)


応援&テレビ観戦に欠かせない
『箱根駅伝ガイド決定版2021』が好評発売中です

注目のエースランナーの紹介、出場全チームの戦力分析と選手名鑑、コースガイドのほか、勝利の行方を大胆に予測する大会展望、有力校の調整ぶりを伝える直前ルポなど、読み物も満載です

目次はこちら

箱根駅伝のニュースや話題は、「読売新聞オンライン」の特設ページ「箱根駅伝」もチェック!

読売新聞オンライン箱根駅伝サイト