イラスト:朝生ゆりこ
日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修 絵:朝生ゆりこ 中央公論新社刊)から、身のまわりの植物クイズを出題。今回の問題は、「【元日草】の別名を持つ花は?」です。
答えは…

 

 

フクジュソウ!

幸せと長寿を願って飾る花

お正月飾りの鉢植えでは、ナンテンで難を転じるだけでは物足りません。「《難》を転じて、《福》となす」という、縁起のよいものにしなければなりません。

その役割が、この植物に期待されています。幸福の《福》と、長寿の《寿》を名前にもっています。この植物の花は寿命が長いことから、名前に「長寿」の意味が込められているのです。

自然の中で、旧暦のお正月にあたる二月ごろに、新春にふさわしい、美しい黄金色に輝くような花が咲きます。そのために、この植物は、「元日草(ガンジツソウ)」や「朔日草(ツイタチソウ)」という新年を祝う別名をもっています。

この植物の花言葉は、「幸せを招く」や、「祝福」「永久の幸福」ですが、これらとは趣おもむきが大きく異なる「悲しい思い出」という花言葉もあります。これは、この植物の学名に示される属名「アドニス」の語源に基づくものです。

アドニスというのは、ギリシャ神話に出てくる青年の名前です。青年はイノシシの牙に刺されて亡くなるのですが、このときに流れた血の色から、この植物の花が連想され、「悲しい思い出」という花言葉が生まれたといわれます。ヨーロッパには、黄色ではなく、赤い色の花を咲かせる、この植物の仲間がいたのでしょう。