日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修 絵:朝生ゆりこ 中央公論新社刊)から、身のまわりの植物クイズを出題。今回の問題は、「『桜』のツボミはいつできる?」です。
答えは…

 

 

前の年の夏!

奈良時代はサクラよりウメが人気

サクラは、ウメと並ぶ、日本を代表する花木です。この二つの人気は、時代の経過とともに、微妙に変化しています。

「花」といえば、奈良時代には、「ウメ」を指していたといわれます。その根拠は、奈良時代に編纂(へんさん)された『万葉集』には、ウメが118首、サクラが40首に詠まれていることです。ウメが、サクラより多く詠まれているので、ウメのほうが人気があったと考えられます。

ところが、平安時代に編纂された『古今和歌集』では、この関係は逆転します。この歌集には、約1,100首の歌が収録されていますが、サクラが61首に対し、ウメが28首に詠まれています。奈良時代から平安時代にかけて、ウメとサクラの地位が逆転しています。

「『花』といえば、奈良時代には、『ウメ』を指していたが、平安時代には、『サクラ』を指すようになった」といわれる所以(ゆえん)です。

春、暖かくなってくると、サクラの花が咲き誇ります。この現象を、代表的な品種であるソメイヨシノを主役に紹介します。

ソメイヨシノの開花は、ひときわはなやかです。その一つの理由は、花がいっせいに咲くことです。バラバラよりパッといっせいに咲くことで、はなやかさは増します。花がいっせいに咲くのは、このサクラの増え方が原因です。

ソメイヨシノは、「江戸時代の末に、オオシマザクラとエドヒガンを両親として生まれた」とされます。現在、ソメイヨシノの木が何十万本あろうとも、すべての木は、初めに生まれた一本の木をもとに、接(つ)ぎ木で増えたものです。