『アンソーシャル ディスタンス』金原ひとみ・著、新潮社

「心中しない?」というLINEに対して

冒頭に挙げた『アンソーシャル ディスタンス』のエピソードは、コロナウイルスが流行した時代を生きるふたりの大学生の物語なのだが、恋人であるふたりの会話がいいなあ、と思って記憶していた場面である。

沙南は昔から情緒不安定気味の女子大生である。恋人の幸希はひとつ上で、もうすぐ就職する。

ふたりは卒業前に鎌倉へ旅行にいくことにする。

旅行前に来た沙南の「心中しない?」というLINEに対して、幸希は思わず「いいかもね」と返信する。そしてそのまま、彼らは旅行へ向かう。

冒頭の会話は、そんな旅行が終盤に差し掛かった一場面である。