日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修 絵:朝生ゆりこ 中央公論新社刊)から、いまの季節を彩る身近な植物を取り上げ、楽しく解説します。今回のテーマは「【菊】日本人にとって心の花」です。

 

ウメ、タケ、ランとともに「四君子」と称される植物

この植物は、奈良時代に、中国から日本に入り、栽培されてきた植物です。高潔な美しさと、気品と風格に満ちた様子を君子(くんし)にたとえられる「四君子(しくんし)」には、ウメ、タケ、ランとともに、この植物が選ばれています。

「キク」という名前は、特定の種類の植物を指すものではなく、キク科キク属の植物に使われます。栽培されるイエキクや、野に生えるノギクなどがあります。

キクは、多くの日本人にとって、白色や黄色、紅色の花を見ると心が和(なご)む、「心の花」です。特に黄色の花が印象的であり、属名の「クリサンテムム」は、ギリシャ語の「クリソス(黄金色)」と「アンテモン(花)」が語源であり、「黄金色の花」という意味になります。

この植物は、天皇および皇室の御紋であり、パスポートの表紙にも描かれています。天皇の御紋は、16枚の花弁(かべん)をもつ十六弁八重(じゅうろくべんやえ)の花で、パスポートでは、同じ16枚の花弁をもつ16弁ですが八重ではありません。

パスポートの表紙に描かれている菊の花

50円硬貨の表にも、16弁の花が描かれています。国会議員のバッジには、11弁の花が描かれ、特許関係の仕事をする弁理士のバッジには、16弁の花が図案化されています。

「日本人の心の花」ともいわれるキクの花が、『万葉集』にはほとんど詠まれていません。『万葉集』では、「キクを詠んだ歌は、一つも含まれていない」といわれたり、「日本在来のノジギクが一首あるだけ」といわれたりします。なぜなのか」と不思議に思われます。

キクの花が『万葉集』に詠まれていない理由は、キクが原産地の中国から日本に来たのは、『万葉集』がすでに編纂(へんさん)されたあと、奈良時代の終わりだからです。そのため、平安時代に編纂された『古今和歌集』では、キクは多くの歌に詠まれています。