撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2連覇を狙う駒沢大を軸に、「過去最高のチーム」と原監督自らが語る青山学院大、出雲駅伝を制した東京国際大、さらに順天堂大、東洋大、創価大、國學院大、早稲田大、明治大、中央大らが絡み、これまで以上に戦国模様が予想される今回の箱根駅伝。激戦の舞台から、新たなスターは現れるのか。チームを牽引し、個人記録に意欲を燃やす精鋭たちに取材した。

箱根駅伝ガイド決定版2022』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、創価大学4年生の嶋津雄大選手です。

※『箱根駅伝ガイド決定版2022』(読売新聞社・編)「〈戦国駅伝〉に挑むエースたち」から一部抜粋

「物語の主人公になる」

持てる力の100%、いやそれ以上も出し切ってしまいそうな走り。過去2大会で、その魅力を存分に発揮した。「躍進・創価」の象徴的な選手だ。

前々回、最終10区の走者として11位でタスキを受け、区間新記録の快走。9位に順位を上げ、初のシード権獲得をもたらした。「スタート前は足が震えて止まらなかった。でも『物語の主人公になる』『主人公はピンチに打ち勝つ』という言葉を思い出し、やってやるという気持ちが固まった」

前回は4区を区間2位で走り、チームを2位から1位に押し上げた。「自分の区間で1位に立つと決めて走った。1位とは30秒差くらいで、一気に詰めていけるという自信はあった」と、振り返る。