撮影:北川外志廣、読売新聞写真部
2連覇を狙う駒沢大を軸に、「過去最高のチーム」と原監督自らが語る青山学院大、出雲駅伝を制した東京国際大、さらに順天堂大、東洋大、創価大、國學院大、早稲田大、明治大、中央大らが絡み、これまで以上に戦国模様が予想される今回の箱根駅伝。激戦の舞台から、新たなスターは現れるのか。チームを牽引し、個人記録に意欲を燃やす精鋭たちに取材した。

箱根駅伝ガイド決定版2022』(読売新聞社・編)では、自らの限界に挑戦し、箱根路の記録を塗り替えようとするエースたちを取材しました。今回取り上げるのは、東洋大学4年生の宮下隼人選手です。

※『箱根駅伝ガイド決定版2022』(読売新聞社・編)「〈戦国駅伝〉に挑むエースたち」から一部抜粋

残り5キロで激痛が

前回大会の5区。2年連続区間賞を目指して急峻な上り坂を乗りきり、下りに入った残り約5キロで、突然右すねが悲鳴を上げた。後に疲労骨折と判明する激痛に耐え、最後まで懸命に先頭の背中を追って2位でゴール。3人抜きの区間3位で、チームを前々回の総合10位から3位に押し上げる原動力となる、まさにエースの走りだった。

山梨・富士河口湖高時代は無名の存在。大学入学当初は「4年間で、1度でも駅伝を走れれば」という考えだったが、2年目の出雲で駅伝デビューを飾り、初出場の箱根ではOBの「山の神」柏原竜二さんに憧れて目指していた5区に抜擢された。いきなり新記録の区間賞に輝く快走で3人を抜き、チームをシード落ちの危機から救った。