日本の草花を四季に応じて紹介する『日本の花を愛おしむ 令和の四季の楽しみ方』(著:田中修 絵:朝生ゆりこ 中央公論新社刊)から、いまの季節を彩る身近な植物を取り上げ、楽しく解説します。今回のテーマは「【山吹】」です。

 

英語名は、「ジャパニーズ・ローズ」

いくつかの植物が、「日本のバラ」を意味する英語名で、「ジャパニーズ・ローズ」とよばれます。この名称は、ツバキ、ノイバラ、ハマナスに使われるのですが、5月ごろに花を咲かせるヤマブキも、この名前でよばれることがあります。

春に、この植物には、あざやかな黄金色の花が咲きます。この花がバラのような印象をもたらすのです。

この植物の学名は、「ケリア ヤポニカ」です。「ケリア」という属名は、スコットランドの植物学者ウイリアム・ケリの名前に由来し、「ヤポニカ」は、日本生まれを意味しています。