楽しい日々の秘訣は、「バランス」を保つこと

竹内自分の人生を振り返ってみても、挫折から多くを学んできましたし、つらい経験は人間を成長させてくれますね。

西川私の場合は、離婚が初めての大きな挫折でした。あるとき夫から「燃えるゴミと燃えないゴミの分別があまい!」と言われ、喧嘩になったんです。でも、ネットで調べたら、発火点以上の温度と酸素さえあれば、この世に燃えないものはないと書いてありました。ですから、「リサイクルできるできないでゴミを分別するならわかるけれど、燃える燃えないで怒るのはおかしい!」と言ってネットの情報を突きつけたんです。そうしたら機嫌を損ねてしまって……。それだけが離婚の原因ではなかったとしても、私にとっては大きなショックでした。

竹内そんな経験を通して、西川先生はどんなふうに変わられましたか?

西川それまでは、何でも一人で乗り越えてきたのに、二人になるとそうはいかないんだとわかりました。相手を変えることはできないのに、自分流でやりすぎたり、言いすぎたりしてしまうと無理が生じてしまいます。仕事でも人間関係でもそうですが、無理をしすぎれば、体も心もバランスを失ってしまいます。ですから今は、なるべく無理をしないようにしていますし、嫌なことはしないと決めたので、仕事も人づき合いも楽になりました。

竹内僕も苦手なパーティーの予定を入れてしまい、だんだんその日が近づいてくると調子が悪くなったりしますから、無理は禁物ですね。

西川年齢を重ねると、無理がたたって不調になることも多いですが、それは自分自身のバランスを崩すことになります。ですから私は、常に自分の気持ちや体に問いかけて、何事もできる範囲でやるようにしています。無理せずバランスを保つということは、明るく楽しい日々を過ごすためにも大切なことなのです。