ただ一度きりだから、本人らしく送りたい

お葬式は長らく、家族や友人・知人が故人の冥福を祈り成仏祈願を行う一般葬が通常とされてきました。それがここ最近では、これまでの形式にとらわれず、ゆっくりと故人との時間を過ごしたい。本人らしく送り出してあげたいと言った理由から、身内や親族のみで行う家族葬をあげる人が増えてきています。そういった方々に選ばれているのが花祭壇です。

花祭壇とは、色も種類もさまざまな生花で飾られた祭壇のこと。これまで祭壇といえば、菊を中心とした白い花に白木の祭壇という、清潔感はあるものの無機質なものでした。それが色とりどりの花で飾ることによって、故人らしさが演出できるだけでなく、どこか温かみが感じられる祭壇に。その点が好まれ、人気を集めています。

色鮮やかな花が祭壇を飾り、周囲にも様々な植物を配置して温もりや華やかさが感じられる空間に
丁寧なヒアリングで故人様を深く理解する

東京・千葉・埼玉・神奈川で、約800の斎場と提携し葬儀事業を行う株式会社リベント。同社が展開している『花葬儀®』でも花祭壇を採用し、97・3%というお客様満足度を誇っています。代表取締役の三上力央さんにその特徴をうかがいました。

「私たちが一番大事にしているのが、大切な方をどのように送りたいのかをしっかりお聴きすることです。お人柄やこれまでの人生をうかがって、お送りする方を理解するところから始めます。そういうことをしなくてもお葬式はできるのでしょうが、理解を深めることで、よりその人らしい送り方をすることができると思っています」

納棺師によるラストメイクも女性に人気

そのヒアリングには空間デザイナーが同席するのも特徴の一つ。どういう花材を使用するのか、どのような空間にするのが一番その人らしさを表現できるか、その場で花祭壇のイメージをデッサンに起こし、提案してくれるのです。これまでには、5時間をかけてヒアリングしたこともあったそう。

「お葬式は亡くなった翌日に行わないといけないと思っている方は多いと思いますが、そのような決まりはありません。急がず、大切な方とのお別れの時間をできるだけゆっくりと過ごしていただき、後悔のないお葬式をしていただきたいと考えています」

棺にもたくさんの花を添えて
空間デザイナーによるオーダーメイドの花祭壇

丁寧にヒアリングをした内容は、空間デザイナーが色も種類もさまざまな花材を使用して実現していきます。

「私たちが手がけている『花葬儀®』では、空間デザイナーが自ら花き市場まで足を運び、祭壇のイメージに合う花や季節の草花、ご希望の花などを仕入れて、お一人おひとりにあったオーダーメイドの空間を創りあげていきます。好みが分かれない白い花なら安く大量に仕入れてストックすることができるかもしれません。でも、そのストックをどう使用するか考えながら打ち合わせをし、形にしたとしてもその人らしさは表現できないですよね」

祭壇や空間だけではなく、棺の中まで多くの花で満たしてくれる上、納棺師によるラストメイクもしてもらうことができる『花葬儀®』。女性を美しく送るお葬式として、特に女性から高い人気があるというのも頷けます。

お葬式は100人100通りあっていいもの。最期の時まで自分らしくいたいという人にとって、人生から理解し、自分のためだけのお別れの空間を演出してくれる葬儀社は頼もしい存在なのではないでしょうか。


自宅の庭でガーデン葬を行うこともできる花葬儀®。大切に育てた大好きな花に囲まれて、故人様もよろこんでいそうです
 

万が一に備えられる花葬儀®の会員制度。入会すると、名前を伝えるだけで迅速な対応をしてもらえるほか、お葬式費用の割引などの特典を受けることができます。入会費1万円、年会費無料、二親等利用可能。入会は郵送またはオンラインにて。

49日忌明けにミディ胡蝶蘭をプレゼント

 

この情報のお問い合わせ先

株式会社リベント『花葬儀®

東京都品川区南大井3-28-10 3F(本社・大森品川相談サロン)
TEL:0120-878-339
https://www.hana-sougi.com/
24時間365日相談員が待機中