P連は退会し、独自のネットワークで情報交換
[竹内幸枝さんインタビュー](2020年12月取材)

話を聞いたのは、千葉県松戸市立栗ケ沢小学校(以下、栗小)PTAで会長をしてきた竹内幸枝さん。

同PTAでは、2019年度からポイント制をやめ、活動を手挙げ方式(やりたい人がやる形)に変更。さらに2020年度からは、入退会自由を前提とする仕組みや規約を整備したといいます。そしてP連も見直しの対象となりました。

P連は入っているんですか?

――いえ、P連は抜けました。委員会活動をいまだに輪番で運営するやり方は、うちの活動方針に反するし、P連の存在意義と実態との乖離を感じていたので。

そもそもP連って、教育委員会など行政側から「保護者の代表」として必要とされる場面が多いですよね。P連側も、その役割をしっかり果たそうとしがちですが、でも本当は違うんじゃないかなと。

私たちは行政の使い勝手のよい存在であるためにP連にお金を払っているわけではないし、仮にその役割を本当に果たそうと思うなら、P連はもっと単P(個々のPTA)の意見をだいじにするべきでしょう。

P連が単P同士の情報共有などの「つながり」に重きをおいて、それこそ適法で適切な運営をめざす単Pの力添えをできるような存在に生まれ変わることを期待して、退会することにしました。

ただし、他のPTAや保護者同士が横のつながりをもつことには意義を感じているので、今は独自でネットワークをつくり、交流しています。

 

P連を抜けると言うと妨害や引き止めにあうケースが多いですが、それはなかった?

――松戸市では既に他校PTAの退会実績があったので、退会届は整備されていました。ただ、PTA会長の印だけでなく、なぜか校長印を押す欄もあって「抜けるのは学校でなく、栗小PTAなのにね」と、校長先生も釈然としない様子でした(苦笑)。

それから、退会を決議した総会資料の添付も求められましたが、うちはうちの規約にのっとって、総会ではなく運営委員会で話し合って決めました。