三宅香帆

三宅香帆

みやけ・かほ

1994年生まれ。文筆家・批評家。京都天狼院書店元店長。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。研究テーマは「万葉集における歌物語の萌芽」。著書に『人生を狂わす名著50』『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』『副作用あります!? 人生おたすけ処方本』『妄想とツッコミで読む万葉集』『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』がある

ページのトップへ