「闘病」の記事一覧

2月4日はワールドキャンサーデー。1人娘は5歳、38歳で乳がんが発覚。抗がん剤治療に苦しみ髪を失ったが、新しい産毛に「再生した私」を感じた
寄稿
2月4日はワールドキャンサーデー。1人娘は5歳、38歳で乳がんが発覚。抗がん剤治療に苦しみ髪を失ったが、新しい産毛に「再生した私」を感じた
伊藤理恵 2024年02月04日
2月4日はワールドキャンサーデー。31歳で乳がんを発症、乳房を失う。「なぜ私が」と思ったけれど、東日本大震災で運命と受け入れた
寄稿
2月4日はワールドキャンサーデー。31歳で乳がんを発症、乳房を失う。「なぜ私が」と思ったけれど、東日本大震災で運命と受け入れた
齊藤紘子2024年02月04日
芥川賞作家・市川沙央「難病・先天性ミオパチーがなかったら、小説家にはならなかった。滅多にない大金星で帳尻が合って」
インタビュー
芥川賞作家・市川沙央「難病・先天性ミオパチーがなかったら、小説家にはならなかった。滅多にない大金星で帳尻が合って」
市川沙央2024年01月22日
約4時間頭皮を冷やし続けることで、抗がん剤治療に伴う脱毛を防ぐ。期待の治療《頭皮冷却療法》普及への課題は
ルポ
約4時間頭皮を冷やし続けることで、抗がん剤治療に伴う脱毛を防ぐ。期待の治療《頭皮冷却療法》普及への課題は
中山あゆみ2024年01月18日
乳がんの抗がん剤治療に伴う脱毛を防ぐ《頭皮冷却療法》「治療後、日常生活に戻るうえで髪の毛があるということは、とても大事」
ルポ
乳がんの抗がん剤治療に伴う脱毛を防ぐ《頭皮冷却療法》「治療後、日常生活に戻るうえで髪の毛があるということは、とても大事」
中山あゆみ2024年01月18日
俳優・小倉一郎「ステージ4の肺がん」で余命宣告され3ヶ月で11キロ減。絶体絶命のなかで挑んだ最新治療、そして起こった「奇跡」
エッセイ
俳優・小倉一郎「ステージ4の肺がん」で余命宣告され3ヶ月で11キロ減。絶体絶命のなかで挑んだ最新治療、そして起こった「奇跡」
小倉一郎2023年12月25日
俳優・小倉一郎「ステージ4の肺がんに。最後になるかもしれないドラマ撮影に家族旅行…1日でも長くこの世にいさせてと神様に祈って」
エッセイ
俳優・小倉一郎「ステージ4の肺がんに。最後になるかもしれないドラマ撮影に家族旅行…1日でも長くこの世にいさせてと神様に祈って」
小倉一郎2023年12月22日
「ステージ4の肺がんです」。俳優・小倉一郎に下った突然の余命宣告に妻とマネージャーは絶句……小倉が胸の内で妻に謝った理由
エッセイ
「ステージ4の肺がんです」。俳優・小倉一郎に下った突然の余命宣告に妻とマネージャーは絶句……小倉が胸の内で妻に謝った理由
小倉一郎2023年12月20日
プロ3年目、存在感を示し始めた16年の阪神・横田慎太郎。純粋でロマンチックな彼が姉に用意したまさかのプレゼントとは…
エッセイ
プロ3年目、存在感を示し始めた16年の阪神・横田慎太郎。純粋でロマンチックな彼が姉に用意したまさかのプレゼントとは…
中井由梨子2023年12月18日
阪神・横田慎太郎が脳腫瘍を告知されたあの日。「野球は忘れましょう」という医師の言葉に彼が返した驚くほど強い<決意>とは
エッセイ
阪神・横田慎太郎が脳腫瘍を告知されたあの日。「野球は忘れましょう」という医師の言葉に彼が返した驚くほど強い<決意>とは
中井由梨子2023年12月14日
28歳で逝った阪神・横田慎太郎 脳腫瘍の手術後に視力を失うも「俺、やっぱり野球やる。この目標からは、絶対に逃げないことにした」
ルポ
28歳で逝った阪神・横田慎太郎 脳腫瘍の手術後に視力を失うも「俺、やっぱり野球やる。この目標からは、絶対に逃げないことにした」
中井由梨子2023年12月13日
東海林さだお85歳「脳梗塞の入院後、ビールが飲めなくなった。食生活が変わり食事量は半分になったけれど、食への好奇心は変らずに」
インタビュー
東海林さだお85歳「脳梗塞の入院後、ビールが飲めなくなった。食生活が変わり食事量は半分になったけれど、食への好奇心は変らずに」
東海林さだお2023年12月07日
東海林さだお85歳「脳梗塞になりながら片目で原稿を描き上げて。入院中一番辛かったのは、塩気のない魚一切れ、小鉢、ご飯の質素な食事」
インタビュー
東海林さだお85歳「脳梗塞になりながら片目で原稿を描き上げて。入院中一番辛かったのは、塩気のない魚一切れ、小鉢、ご飯の質素な食事」
東海林さだお2023年12月07日
11月22日は「いい夫婦の日」。歳を重ねても互いに寄り添う夫婦の姿とは。68歳の夫がステージIVの食道がんに。闘病中、病院で夫と食べたおにぎりの味を忘れない
手記
11月22日は「いい夫婦の日」。歳を重ねても互いに寄り添う夫婦の姿とは。68歳の夫がステージIVの食道がんに。闘病中、病院で夫と食べたおにぎりの味を忘れない
竹中伊都子2023年11月22日
清水ちなみ「46歳、脳梗塞で言葉を失って。ファスナーの開閉に2年、髪をしばるのに5年以上。家族に支えられ、今はとても幸せ」
インタビュー
清水ちなみ「46歳、脳梗塞で言葉を失って。ファスナーの開閉に2年、髪をしばるのに5年以上。家族に支えられ、今はとても幸せ」
清水ちなみ2023年10月23日
内館牧子「老いることも成長のうち。誰もが年齢には逆らえないから、好きなことに優先順位をつけ、〈いま〉できることから存分に楽しんで」
対談
内館牧子「老いることも成長のうち。誰もが年齢には逆らえないから、好きなことに優先順位をつけ、〈いま〉できることから存分に楽しんで」
内館牧子若竹千佐子2023年10月18日
若竹千佐子「芥川賞受賞後、脊柱管狭窄症で足が動かなくなり。手術後のリハビリ病院の生活で、高齢者施設の予行演習。老後が怖くなくなった」
対談
若竹千佐子「芥川賞受賞後、脊柱管狭窄症で足が動かなくなり。手術後のリハビリ病院の生活で、高齢者施設の予行演習。老後が怖くなくなった」
内館牧子若竹千佐子2023年10月18日
鎌田東二「宗教哲学者がステージ4の大腸がんと診断され。告知後にライブでシャウトし、比叡山でバク転も。死が怖くても、心穏やかに受け入れらる理由」
インタビュー
鎌田東二「宗教哲学者がステージ4の大腸がんと診断され。告知後にライブでシャウトし、比叡山でバク転も。死が怖くても、心穏やかに受け入れらる理由」
鎌田東二2023年10月02日
乳がん手術と抗がん剤治療…夫の食事が心配だった。夫が必死で覚えてくれたカレーで、辛い治療も乗り越えた
寄稿
乳がん手術と抗がん剤治療…夫の食事が心配だった。夫が必死で覚えてくれたカレーで、辛い治療も乗り越えた
内藤三枝子2023年10月01日
31歳で乳がんを発症、乳房を失う。「なぜ私が」と思ったけれど、東日本大震災で運命と受け入れた
寄稿
31歳で乳がんを発症、乳房を失う。「なぜ私が」と思ったけれど、東日本大震災で運命と受け入れた
齊藤紘子2023年09月24日
ページのトップへ