『婦人公論』では、誌面に掲載するアンケート、読者体験手記、ノンフィクションなどの原稿を随時募集しています。回答・投稿に際しては、規定にしたがってください。

- アンケート
- 読者体験手記
- ノンフィクション
- 読者のひろば


アンケート・投稿募集

現在募集中のテーマ

◆【婦人公論読者アンケート】やめたこと、始めたこと

回答する

 

◆【婦人公論アンケート】結婚ってなんだろう

回答する

 

◆【婦人公論アンケート】「終活」あなたはどうしてる?

回答する

 

◆3月号の読者アンケート

回答する

 

◆【短歌募集】あなたの“三十一文字”を募集します!

回答する

 

規定は各自の回答フォームを参考にしてください

 

読者体験手記

現在募集中のテーマ

●やめるにやめられず……
子どもへの援助に孫の世話、サークルの幹事、町内会の係、同窓会への参加……。穏便にやめたいのに、理由を根掘り葉掘り聞かれたり、文句を言われたりするのが嫌で、なかなか言い出せない。そんな苦しい心の内を吐露して

締切 2024年2月29日(木)

●健康オタクの不養生
ジムに通い食事にも気をつけているのに、夜ふかしで睡眠不足。体を冷やさないよう腹巻きが必需品だが、コーヒーはアイスに限る! 画竜点睛を欠く行動に周囲はあきれ顔。健康のためあれこれ試すもののツメが甘いお話を詳しく

締切 2024年3月14日(木)

●知らなかった夫の一面
亡くなった後に、妻への愛を綴った日記が発見された。家では存在感が薄いのに、町内会長になった途端、リーダーシップを発揮して。へそくりで投資をして一儲けしていたなんて。夫の意外な一面を知ってビックリ仰天した逸話を

締切 2024年3月14日(木)

投稿する
読者体験手記 投稿規定

内容…事実にもとづいて書かれた、未発表のものに限ります。

枚数…400字詰原稿用紙8~12枚

原稿料…掲載1篇につき2万円

送り先(郵送での投稿の場合)…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「読者体験手記係」

誌上匿名でも結構ですが、住所(郵便番号)・氏名・年齢・職業・電話番号・メールアドレスを明記してください(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお編集の都合上、原稿の整理・手直しをさせていただくことがあります。また著作権は中央公論新社に帰属し、ウェブサイト「婦人公論.JP」をはじめ、その他外部サイトや電子媒体にも掲載されることがあります。本誌での選にもれたものをウェブ限定で配信することもあります(原稿料は掲載1篇につき2000円)。応募原稿(資料・写真含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

 

ノンフィクション

本誌は読者の皆様の積極的な誌上参加を待望して、長文ノンフィクション原稿を随時募集しております。テーマは自由で、恋愛・結婚・性体験・友情・闘病・介護・トラブル・事件などに関する体験手記。いずれも、事実にもとづいたものに限ります。

投稿する
読者ノンフィクション 投稿規定

内容…事実にもとづいて書かれた、未発表のものに限ります。

枚数…400字詰15~18枚

原稿料…掲載1篇につき3万円

送り先(郵送での投稿の場合)…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「ノンフィクション係」

誌上匿名でも結構ですが、住所(郵便番号)・氏名・年齢・職業・電話番号・メールアドレスを明記してください(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお編集の都合上、原稿の整理・手直しをさせていただくことがあります。また著作権は中央公論新社に帰属し、ウェブサイト「婦人公論.JP」をはじめ、その他外部サイトや電子媒体にも掲載されることがあります。本誌での選にもれたものをウェブ限定で配信することもあります(原稿料は掲載1篇につき2000円)。応募原稿(資料・写真含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられません。ご了承ください。

 

読者のひろば

◆読者のひろば

投稿する
読者のひろば 投稿規定

内容…時事問題から身の回りのこと、本誌記事への感想など。

枚数…800字程度

原稿料…採用された方には薄謝を進呈いたします。

送り先(郵送での投稿の場合)…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「読者のひろば係」

誌上匿名でも結構ですが、住所(郵便番号)・氏名・年齢・職業・電話番号・メールアドレスを明記してください(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお、掲載にあたって、原稿の整理や手直しをさせていただくことがあります。7月号以降、随時ペンネーム表記といたします。ペンネームの記載がない場合など、編集部で決めて掲載することがありますのでご了承ください。二重投稿は固くお断りします。

また著作権は中央公論新社に帰属し、ウェブサイト「婦人公論.jp」をはじめ、その他外部サイトや電子媒体にも掲載されることがあります。応募原稿(資料・写真を含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられません。ご了承ください。