性愛

新郎は初婚、新婦は5回目。幼なじみ同士が38年を経て辿りついた関係は
手記 新郎は初婚、新婦は5回目。幼なじみ同士が38年を経て辿りついた関係は 【読者体験手記】人生後半に見つけたのは、運命の人!?
小林さつき
中村うさぎ×能町みね子「恋愛も性愛もないけれど、ゲイの夫と家族になって」
対談 中村うさぎ×能町みね子「恋愛も性愛もないけれど、ゲイの夫と家族になって」 対談・ふたりが語る「家族」の意味とは
中村うさぎ 能町みね子
私に良縁をくれた、絶品スパゲッティと、絶景と、ナンパ師の魔法
手記 私に良縁をくれた、絶品スパゲッティと、絶景と、ナンパ師の魔法 憧れのシチリア島で、運命は急展開した!
本郷智子
「好きな人がいた」死期を悟る夫が告白した。夫亡き後、古ぼけた写真が見つかって
手記 「好きな人がいた」死期を悟る夫が告白した。夫亡き後、古ぼけた写真が見つかって 【読者体験手記】「跡を濁して」旅立ったあの人
上林塔子
次男の入社式当日に、不倫夫に離婚届を見せると…私の自由はいつ手に入るのか
ホンネ集 次男の入社式当日に、不倫夫に離婚届を見せると…私の自由はいつ手に入るのか そろそろ自分の時間を楽しみたいのに
婦人公論編集部
三船美佳「ああいう人がパパだといいな」娘の言葉に背中を押されて
インタビュー 三船美佳「ああいう人がパパだといいな」娘の言葉に背中を押されて つらかった離婚の先に
三船美佳
泣けて、笑える!「愛の不時着」に私たちが熱狂している理由(中瀬ゆかり×古市憲寿) 
対談 泣けて、笑える!「愛の不時着」に私たちが熱狂している理由(中瀬ゆかり×古市憲寿)  38度線を挟んだ一途な恋物語
中瀬ゆかり 古市憲寿
3人目を妊娠中、不倫が発覚。いつか復讐してやると思いながら…〈「浮気夫」を許せる?・3〉
ルポ 3人目を妊娠中、不倫が発覚。いつか復讐してやると思いながら…〈「浮気夫」を許せる?・3〉 妻は「浮気夫」を本当に許せるのか?
亀山早苗
「もう頑張れないよ…」不倫発覚後、もう一度やり直そうとしたけれど〈「浮気夫」を許せる?・2〉
ルポ 「もう頑張れないよ…」不倫発覚後、もう一度やり直そうとしたけれど〈「浮気夫」を許せる?・2〉 妻は「浮気夫」を本当に許せるのか?
亀山早苗
テレビも窓ガラスも粉々に…浮気を隠していた夫に爆発した瞬間〈「浮気夫」を許せる?・1〉
ルポ テレビも窓ガラスも粉々に…浮気を隠していた夫に爆発した瞬間〈「浮気夫」を許せる?・1〉 妻は「浮気夫」を本当に許せるのか?
亀山早苗
「私たちも夫に浮気されました」読者が明かす〈夫の裏切り〉体験
ホンネ集 「私たちも夫に浮気されました」読者が明かす〈夫の裏切り〉体験 不倫・緊急アンケート
婦人公論編集部
25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて…
手記 25年もの間、許されない関係を続けた彼と私。ある日突然、連絡が途絶えて… 【読者体験手記】失ったものの大きさに打ちひしがれて
本田奈津子
窪美澄「偶然、夫が性風俗店へ通っている証拠を見つけたら…」
インタビュー 窪美澄「偶然、夫が性風俗店へ通っている証拠を見つけたら…」 連載・私の書いた本『たおやかに輪をえがいて』
窪美澄
瀬戸内寂聴 58年前の手記【3】「目をそらして来た彼の妻の影像に向き合う」
アーカイブ 瀬戸内寂聴 58年前の手記【3】「目をそらして来た彼の妻の影像に向き合う」 愛人「J」との訣別
瀬戸内寂聴
瀬戸内寂聴 58年前の手記【2】「良妻賢母の座から一挙に不貞な悪女の座に堕ちて」
アーカイブ 瀬戸内寂聴 58年前の手記【2】「良妻賢母の座から一挙に不貞な悪女の座に堕ちて」 愛人「J」との訣別
瀬戸内寂聴
瀬戸内寂聴 58年前の手記【1】「でたらめなスキャンダル記事の中の私」
アーカイブ 瀬戸内寂聴 58年前の手記【1】「でたらめなスキャンダル記事の中の私」 愛人「J」との訣別
瀬戸内寂聴
妻夫木聡が、間宮祥太朗に語る「結婚するまでは〈いつ死んでもいい〉とまで思っていた」
対談 妻夫木聡が、間宮祥太朗に語る「結婚するまでは〈いつ死んでもいい〉とまで思っていた」 愛する人が輝きを失わないために
妻夫木聡 間宮祥太朗
濱野ちひろ「動物性愛——動物を対等に〈愛する〉人々を追いかけた理由」
インタビュー 濱野ちひろ「動物性愛——動物を対等に〈愛する〉人々を追いかけた理由」 連載・私の書いた本『聖なるズー』
濱野ちひろ
「襟足が汚い」の一言がトラウマに。人生後半で「脱毛」を決めた理由
ルポ 「襟足が汚い」の一言がトラウマに。人生後半で「脱毛」を決めた理由 今や、若い人だけのものではない
丸山あかね
「お母さん、ひげが生えてるよ」と言われ…人生後半で「脱毛」を決意した理由
ルポ 「お母さん、ひげが生えてるよ」と言われ…人生後半で「脱毛」を決意した理由 今や、若い人だけのものではない
丸山あかね
ページのトップへ