人見絹枝

人見絹枝

ひとみ・きぬえ

1907‐1931。陸上選手。日本人女性初のオリンピックメダリスト。岡山県出身。岡山高等女学校から二階堂体操塾(現・日本女子体育大学)に進学。教員等を経て、1926年大阪毎日新聞社に入社。同年8月スウェーデンで開催された国際女子競技大会に出場。走幅跳などで優勝し、国際女子スポーツ連盟の名誉賞を受賞。1928年、アムステルダム・オリンピックに日本女子として初出場し、100m、800m、円盤投、走高跳にエントリー。本命の100メートル走では第二予選で敗退したものの、800メートルで銀メダルを獲得した。1931年、肺炎で死去。享年24

ページのトップへ