四方田犬彦

四方田犬彦

よもた・いぬひこ

1953年大阪府生まれ。東京大学にて宗教学を、同大学院にて比較文学を専攻。長らく明治学院大学教授として映画史の教鞭をとり、現在は文筆に専念。著書に『親鸞への接近』『われらが〈無意識〉なる韓国』『日本映画史110年』などが、詩集に『わが煉獄』などがある。近著に『世界の凋落を見つめて』。サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞多数。
 

ページのトップへ