村上春樹

村上春樹

むらかみ・はるき

1949年生まれ。日本を代表する小説家であると同時に、翻訳者としてフィッツジェラルド、カーヴァー、チャンドラー等の作品を手がけてきた。近年の訳書に『極北』(M・セロー)、『Novel 11, Book 18』(ソールスター)、『巨大なラジオ/泳ぐ人』(チーヴァー)、『心は孤独な狩人』(マッカラーズ)など。『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』でその訳業を紹介している。

ページのトップへ