浅香光代

浅香光代

あさかみつよ

1928年東京生まれ。9歳で浅香新八郎、森静子に弟子入りし、14歳で浅香光代一座を組む。55年には大江美智子らと「女剣戟」最盛期を牽引する。79年、「演劇舞踏浅香流」を創始し、87年には第3回浅草芸能大賞を受賞。2008年、文化庁長官賞を受賞。09年には旭日双光章を受章した。20年12月すい臓がんのため逝去

ページのトップへ