浮気を精算した夫をどう迎え、どう向き合うのか。———妻としての「正解」はない。夫婦のルールを逸脱したのはあくまでも夫。筆者の亀山さんは私見と前置きしたうえで「夫に浮気される妻はなぜか〈きちんとした良い人〉が多い」という。だから夫は甘えるのか、それとも逃げ出したくなるのか……。3人の妻たちのルポルタージュ

「テレビも窓ガラスも粉々に」〜圭子さんの場合

栗色のショートカットが似合う吉田圭子さん(53歳、仮名=以下同)は、小走りに待ち合わせ場所に現れた。「元気印と言われる」という明るい笑顔が弾けている。結婚して20年が経った5年前、2歳年下の夫が浮気しているのを知った。

「それ以前は子育てとパートと家事に忙しくて、夫のことにまで気が回らなかったんですよね。夫は外資系の会社に勤めているので、もともと時間が不規則。私は午後11時には寝てしまう生活で、正直言って不倫されていたのもわからなかった」

おかしいと気づいたのは、朝、目が覚めても夫が帰った気配がない日が続いたこと。どんなに遅くなっても一度帰宅して出勤するのが習慣だったからだ。聞くと、「会社に泊まった」と言うのだが、それも不審に思えてならなかった。

「スーツのポケットに女性の名刺があったんです。その後、夫の携帯を見たら、トークアプリを使ったやりとりが腐るほど出てきました。絶対浮気してる。完全に“クロ”でした」圭子さんが吐き捨てるような口調になる。当時の怒りが蘇ったようだ。スナックを経営する女性とのつきあいは2年に及んでいた。圭子さんは意を決して女性に会いにいった。

「その女性がけっこういい人で(笑)。こちらは怒鳴り合い覚悟だったのですが、涙を流しながら謝られて、かえってもやもやが募りました」彼女から夫に伝わったのだろう。その後、夫は帰宅するようになった。「だけど私の心は収まらない。この人、なんで何ごともなかったかのように振る舞えるんだろう」

ある夜、些細なことから夫と言い争いになったのを機に、圭子さんのもやもやが爆発した。「神経質なタチの夫が、『家の中が汚れている』と言ったのが発端。『自分は浮気していたくせに、何を言ってるのよ!』と私が怒鳴った。そこからはあまり覚えていないんですが、家の中のありとあらゆるものを夫に投げつけたようです」

夫のスマホを買ったばかりのテレビに叩きつけ、2人がけのソファを持ち上げて窓へと投げ飛ばした。小柄な彼女にそんな力があるとは思えないが、激しい怒りが“火事場の馬鹿力”を引き出したらしい。

「テレビも窓ガラスも粉々で。当時、大学生と高校生だった息子と娘に止められて、やっと我に返った。夫は顔面蒼白でしたね。翌日はガラス屋さんを呼んだり片づけたり、大変なことになりました」。夫も会社を休み、妻の顔色をうかがいながら一緒に片づけてくれたという。

「ずっと我慢してきた気持ちが一気に爆発したんでしょうね。片づけながら夫が『悪かった』とひと言。結局、夫とは浮気の件についてきちんと話し合っていません。そのまま日常生活が続いてしまったので」2年間浮気を隠していた夫、それを知って爆発した妻。互いにそのことには触れずにいたが、半年ほど経った頃、妻が一件を蒸し返した。

「お正月だったかしら、珍しく家族全員でテレビを観ていた時、芸人の浮気の話になって、私が夫に『あなたも前科があるもんね』と言ったんです。そうしたら子どもたちが笑い出して……。夫も苦笑い。それ以来、何かあると夫をいじるようになりました。例の彼女に似た女性を見ると、『あなたはああいう女性がタイプなんでしょ』とか」

そのたびに子どもたちが笑う。それが圭子さんの救いになった。浮気の話題は家族内でタブーではない。

「結局、あの時の『悪かった』以外、夫に謝ってもらってないんですけど、私を怒らせたら大変だということだけは伝わったようです」とはいえ、浮気発覚前までは定期的にあった、夫婦のセックスは復活していない。

「夫は何度か手を伸ばしてきたけど、その気にはなれません。この先どうなるのか自分でもわかりませんが。私が拒絶していると、また夫は浮気するんでしょうか……」

そう言いながら圭子さんは、少しだけ憂えた表情になった。