子どもの前で諍いはしたくない

夫が浮気をした。それは夫の心の動きである。そのことで妻が傷つくのは当然だが、問いただしたところで、完全にすっきり解決することはできないのかもしれない。

「私は怒りをぶつけることもせず、夫もとりたてて釈明するわけでもなく、表面上は以前と同じような日常が続いています。ただ、私は変わってしまいました。もう夫を心から愛することはできないと思います」

苦しそうな表情でそう話してくれたのは、長谷川友佳さん(40歳)だ。小柄で華奢な女性である。結婚して11年、8歳、6歳、3歳と3人の子を育てている。夫の不倫がわかったのは、末っ子の妊娠中だった。

「夫が週に数回しか家に帰ってこなくなって。最初は、仕事が忙しくて会社近くのカプセルホテルに泊まっているという言い訳を信じていたのですが、あまりにもおかしい。夫の携帯のGPSから、妙な場所にいるのがわかったので尋ねたら、あっさり派遣社員とのダブル不倫を白状しました。あげく、『家庭と彼女、どちらかを選ぶのは無理』とまで言われて。私はショックで早産、その時はさすがに夫も焦ったようです」

とはいえ、しばらくは彼女との関係が続いていたと、友佳さんは見ている。末っ子が生まれて3ヵ月ほど経ったころ、ふと夫が毎日ちゃんと帰ってくることに気づいたという。

「その人と別れたんだな、と思いました。でも、子育てが忙しくて夫とゆっくり話すこともできず、そのまま今に至るという感じなんですよね。ただ、私は許していませんし、これからも許すことはないと思います」

日常生活は子どもたちを中心に回っていく。真ん中の子がようやく今年から小学生。体の弱い末っ子が小学校に上がったら、友佳さんは仕事を再開するつもりでいるが、それまでは外で働くのもむずかしい。

「一度だけ夫と話したことがあるんです。裏切られてとてもショックを受けたと言ったら、『過ぎたことを言われても。オレにどうしろって言うんだ』と逆ギレされました。わざわざ冷静に言葉を選んだのに、『理路整然と言うなよ』とまたまた逆ギレ。夫はきっと、泣いてすがる女が好きなんだろうなと思いました」

浮気を追及される時、男は責められたほうがマシだと言う。理屈で追いつめられると、開き直るしかないのかもしれない。そもそも悪いのは自分だと自覚しているのだから。「夫の言葉を聞いて、この人とともに歩いていくのは無理だと悟りました。子どもたちが無事に大学を卒業できればそれでよしとしようと。何も知らない子どもたちは彼に懐いていますし、私もごく普通に振る舞ってはいます。夫と2人きりで過ごすことはありませんけど」

夜の生活はいっさいない。夫が何度か迫ってきたことはあるが、「疲れているの、ごめんなさい」と言ったら誘ってこなくなった。風俗に行っているかもしれないと思ったこともあるが、それでもいいと腹をくくり、夫が寝てから寝室に入るのが日課だ。

「でも」、と友佳さんは囁くように言い、しばらく考え込む。「これでいいと思っているわけではないんです。時々、夫の胸ぐらをつかんで、「どう思ってるのよ!」と揺さぶりたくなる。でも私は両親がいつも争っている家庭で育ったので、子どもの前で諍いはしたくなくて」そのぶんストレスはたまる。だが、いつか夫に復讐してやると思うことで、日々を乗り切っているらしい。

「夫が定年になったら離婚届を突きつけてやろうとか、いつか病気になったら見捨ててやろうとか……。そんなことを考えながら、とにかくへそくりをためて、来たるべき日に備えておこうと思っています」

自分の気持ちをさらけ出せない宙ぶらりんな日々は、精神的につらいだろう。だがそれも子どもたちのため、と友佳さんは微笑を浮かべた。

***

外での恋愛から戻ってきた夫をどう迎えるか、妻としての「正解」はない。夫婦のルールを逸脱したのはあくまでも夫。私見だが、夫に浮気される妻はなぜか「きちんとした良い人」が多い。だから夫は甘えるのか、あるいは隙のない妻から逃げたくなるのか。いずれにしても、今後どうするか、その選択権は妻にある。