身のまわりの植物クイズ

【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
専門家
【山椒(サンショウ)】英語では「ジャパニーズ・ペパー」日本では古くは「ハジカミ(椒)」とよばれた小粒でピリリと辛いはじける実
田中修2022年05月15日
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
専門家
【カーネーション】母の日に起こった悲劇。花を枯らした犯人は?萎れないように改良された「ミラクル・ルージュ」の誕生
田中修2022年05月01日
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
専門家
【辛夷(コブシ)】源氏と平家の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」。平家の落ち武者を追い詰めたのはいっせいに咲いた白い花
田中修2022年04月17日
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
専門家
【平戸躑躅(ヒラドツツジ)】生まれ故郷・長崎の平戸が名前につくめずらしい植物。「バラ」と「樹木」が学名の由来
田中修2022年04月03日
【桃(モモ)】「桃の節句」ではなく、今が咲き頃。卑弥呼の時代から魔よけと不老長寿の果実と親しまれ、果樹園も作られた
専門家
【桃(モモ)】「桃の節句」ではなく、今が咲き頃。卑弥呼の時代から魔よけと不老長寿の果実と親しまれ、果樹園も作られた
田中修2022年03月20日
【竹(タケ)】タケノコのときにできた節目を強くして成長する。まわりと同じ背丈まで伸びるのは、親や兄弟と仲良く光合成するため
専門家
【竹(タケ)】タケノコのときにできた節目を強くして成長する。まわりと同じ背丈まで伸びるのは、親や兄弟と仲良く光合成するため
田中修2022年03月06日
【松(マツ)】天から降りる神様を《待つ》木。寒い冬にも枯れずに緑のままで輝く姿は「永遠の命」の象徴
専門家
【松(マツ)】天から降りる神様を《待つ》木。寒い冬にも枯れずに緑のままで輝く姿は「永遠の命」の象徴
田中修2022年02月20日
【シクラメン】布施明さんの曲「シクラメンのかほり」のヒットで香りを取り戻した花。「カガリビバナ」「ブタノマンジュウ」変わった別名の由来は
専門家
【シクラメン】布施明さんの曲「シクラメンのかほり」のヒットで香りを取り戻した花。「カガリビバナ」「ブタノマンジュウ」変わった別名の由来は
田中修2022年02月06日
【ポインセチア】造花に見間違われたり、草花と思われたりするが実は常緑の樹木。高さ数メートル、幹は数十センチに達することも
専門家
【ポインセチア】造花に見間違われたり、草花と思われたりするが実は常緑の樹木。高さ数メートル、幹は数十センチに達することも
田中修2022年01月23日
【茶(チャ)】寒さは糖分やビタミン、アミノ酸などを増やして耐え、暑さにはテアニンやカテキンで身を守る
専門家
【茶(チャ)】寒さは糖分やビタミン、アミノ酸などを増やして耐え、暑さにはテアニンやカテキンで身を守る
田中修2022年01月01日
【椿(ツバキ)】虫ではなく鳥が花粉を運ぶ。花ごとポロリと落ちる性質上、お見舞いに持っていってはいけない植物
専門家
【椿(ツバキ)】虫ではなく鳥が花粉を運ぶ。花ごとポロリと落ちる性質上、お見舞いに持っていってはいけない植物
田中修2021年12月26日
【山茶花(サザンカ)】ツバキとサザンカの見分け方は散り方! 童謡「たき火」や演歌「さざんかの宿」の歌詞に登場
専門家
【山茶花(サザンカ)】ツバキとサザンカの見分け方は散り方! 童謡「たき火」や演歌「さざんかの宿」の歌詞に登場
田中修2021年12月17日
【石蕗(ツワブキ)「葉に艶のあるフキ」という意味。若葉は食べられるが有毒物質があるのであく抜きはきちんと
専門家
【石蕗(ツワブキ)「葉に艶のあるフキ」という意味。若葉は食べられるが有毒物質があるのであく抜きはきちんと
田中修2021年12月12日
【萩(ハギ)】大伴家持が好み『万葉集』に最多登場。音に反応してひらひらと葉が揺れる種類も
専門家
【萩(ハギ)】大伴家持が好み『万葉集』に最多登場。音に反応してひらひらと葉が揺れる種類も
田中修2021年12月03日
【菊(キク)】皇室の御紋、パスポート、50円玉…。多くの日本人にとっての「心の花」は触ると育つ
専門家
【菊(キク)】皇室の御紋、パスポート、50円玉…。多くの日本人にとっての「心の花」は触ると育つ
田中修2021年11月28日
ページのトップへ