宇野重規

宇野重規

うの・しげき

1967年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在、東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。主な著書に『政治哲学へ 現代フランスとの対話』(2004年渋沢・クローデル賞LVJ特別賞受賞)、『未来をはじめる 「人と一緒にいること」の政治学』、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(2007年サントリー学芸賞受賞)、『保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで』『民主主義とは何か』などがある

ページのトップへ