室井摩耶子

室井摩耶子

むろい・まやこ

1921年東京生まれ。45年、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)ピアノソリストとしてデビュー。56年にモーツァルト「生誕200年記念祭」の日本代表となりウィーンに派遣され、同年ベルリン音楽大学に留学。ベルリンを拠点にヨーロッパで演奏活動を続け、80年に帰国。現役最高齢ピアニストとして、2021年10月東京都の名誉都民に選ばれた

ページのトップへ