深代千之

深代千之

ふかしろせんし

1955年生まれ。東京大学名誉教授、日本女子体育大学学長。教育学博士。一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会会長、日本バイオメカニクス学会前会長。スポーツバイオメカニクスの第一人者で、トップアスリートの動作分析のほか、子どもや大人の運動能力開発法など、高齢化社会における健康維持のあり方について幅広く研究している。

ページのトップへ