田中ひかる

田中ひかる

たなか・ひかる

1970年東京都生まれ。学習院大学法学部卒業。専修大学大学院文学研究科修士課程にて歴史学を、横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程にて社会学を専攻。博士(学術)。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。著書に『月経と犯罪―女性犯罪論の真偽を問う』『月経をアンネと呼んだ頃―生理用ナプキンはこうして生まれた』『「オバサン」はなぜ嫌われるか』『「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実』『生理用品の社会史』など。

ページのトップへ