野坂昭如

野坂昭如

のさか・あきゆき

1930年神奈川県生まれ。空襲で養父を失い、上京。シャンソン歌手を志して早稲田大学に入学後、中退。63年「おもちゃのチャチャチャ」で日本レコード大賞作詞賞受賞。67年「火垂るの墓」「アメリカひじき」で直木賞受賞。社会評論も多数執筆し、タレントとしても活躍した。83年の参議院議員選挙に当選。97年『同心円』で吉川英治文学賞、2002年『文壇』およびそれに至る文業で泉鏡花文学賞を受賞。03年に脳梗塞で倒れ、リハビリを続けながら執筆活動を行っていた。15年12月9日、心不全のため死去。享年85

ページのトップへ