青木理

青木理

あおき・おさむ

1966年長野県生まれ。年に慶應義塾大学卒業後、共同通信社入社。社会部、外信部、ソウル特派員を経て、2006年よりフリー。事件取材のほか、国家権力に関する著作も多く手がける。著書に『絞首刑』『誘蛾灯 二つの連続不審死事件』『日本会議の正体』ほか

ページのトップへ