「男と女」の記事一覧

【読者手記漫画】88歳、ひとり暮らしの伯父が逝った。遺品から30万が消え、出てきたのは年下の彼女へのラブレター
手記
【読者手記漫画】88歳、ひとり暮らしの伯父が逝った。遺品から30万が消え、出てきたのは年下の彼女へのラブレター
ヨドイエマサさえじまゆう2022年12月20日
山本一力 作家が読む読者ノンフィクション「ポジティブな生き方が伝わってくる」『88歳の伯父が残した年下の彼女へのラブレター』読後感
手記
山本一力 作家が読む読者ノンフィクション「ポジティブな生き方が伝わってくる」『88歳の伯父が残した年下の彼女へのラブレター』読後感
山本一力2022年12月20日
88歳、ひとり暮らしの伯父が逝った。遺品から30万が消え、出てきたのは年下の彼女へのラブレター
手記
88歳、ひとり暮らしの伯父が逝った。遺品から30万が消え、出てきたのは年下の彼女へのラブレター
ヨドイエマサ2022年12月20日
与謝野晶子の夫・鉄幹を巡る三人の女のさや当てを描く。文芸誌『明星』を創刊、歌人や詩人を多数育てた男の魅力は~『やわ肌くらべ』【東えりかが読む】
エッセイ
与謝野晶子の夫・鉄幹を巡る三人の女のさや当てを描く。文芸誌『明星』を創刊、歌人や詩人を多数育てた男の魅力は~『やわ肌くらべ』【東えりかが読む】
東えりか2022年10月22日
ジェーン・スー 不安を抱えながらかかりつけ医に任せたインプラントがおかしい。絶対におかしいのに、私は流れに逆らえなかった
エッセイ
ジェーン・スー 不安を抱えながらかかりつけ医に任せたインプラントがおかしい。絶対におかしいのに、私は流れに逆らえなかった
ジェーン・スー2022年05月11日
ヤマザキマリ 宿主を操り、死ねば別の虫に寄生するハリガネムシは人間界にも。皇帝ネロの母にグッチ御曹司の妻…ハリガネムシ魂よ、永遠に
エッセイ
ヤマザキマリ 宿主を操り、死ねば別の虫に寄生するハリガネムシは人間界にも。皇帝ネロの母にグッチ御曹司の妻…ハリガネムシ魂よ、永遠に
ヤマザキマリ2022年04月20日
ジェーン・スー 3歳の年齢差を誤差と感じるようになったのはいつからか。私のなかで「ひと塊」がどんどん大きくなっていく
エッセイ
ジェーン・スー 3歳の年齢差を誤差と感じるようになったのはいつからか。私のなかで「ひと塊」がどんどん大きくなっていく
ジェーン・スー2022年04月13日
漫画家・みつはしちかこ『小さな恋のものがたり』チッチとサリーの誕生から60年。「81歳の今も描くときは17歳、いつも〈片思い〉してます」
エッセイ
漫画家・みつはしちかこ『小さな恋のものがたり』チッチとサリーの誕生から60年。「81歳の今も描くときは17歳、いつも〈片思い〉してます」
みつはしちかこ2022年03月29日
宇能鴻一郎×近藤サト「文壇とは付き合わず、取材は受けず、写真も撮らせず、洋館で夜な夜なパーティを。ドラキュラ伯爵のように」
対談
宇能鴻一郎×近藤サト「文壇とは付き合わず、取材は受けず、写真も撮らせず、洋館で夜な夜なパーティを。ドラキュラ伯爵のように」
宇能鴻一郎近藤サト2022年03月17日
宇能鴻一郎×近藤サト「官能がなければ人生はつまらない。〈書かずに読者に想像させる〉美意識に15歳から憧れて」
対談
宇能鴻一郎×近藤サト「官能がなければ人生はつまらない。〈書かずに読者に想像させる〉美意識に15歳から憧れて」
宇能鴻一郎近藤サト2022年03月17日
ジェーン・スー かつて推奨されていた「男に追いかけさせる」恋愛テクニックは今。ネット検索してたどり着いた世知辛い現実
エッセイ
ジェーン・スー かつて推奨されていた「男に追いかけさせる」恋愛テクニックは今。ネット検索してたどり着いた世知辛い現実
ジェーン・スー2022年03月16日
ジェーン・スー「愛情を湯水のように注ぎたいという欲求と蛇口の調整はいくつになっても難しい」
エッセイ
ジェーン・スー「愛情を湯水のように注ぎたいという欲求と蛇口の調整はいくつになっても難しい」
ジェーン・スー2022年02月16日
加賀まりこ「感性だけを信じて生きてきた。最後の時間を一緒に過ごすのは、彼しかいないと」
インタビュー
加賀まりこ「感性だけを信じて生きてきた。最後の時間を一緒に過ごすのは、彼しかいないと」
加賀まりこ2021年11月24日
加賀まりこ「自閉症の息子と向き合うパートナーを見続けて。だから言いたい〈生まれてきてくれてありがとう〉」
インタビュー
加賀まりこ「自閉症の息子と向き合うパートナーを見続けて。だから言いたい〈生まれてきてくれてありがとう〉」
加賀まりこ2021年11月16日
五木寛之「52歳で逝った時代の寵児・森瑤子。ガリガリという氷の塊を噛みくだく音だけが鮮明に耳に残った」
エッセイ
五木寛之「52歳で逝った時代の寵児・森瑤子。ガリガリという氷の塊を噛みくだく音だけが鮮明に耳に残った」
五木寛之2021年10月26日
夫の墓を世話してくれた石材店の営業マンとの関係に悩む。男友達を作るのは難しい
手記
夫の墓を世話してくれた石材店の営業マンとの関係に悩む。男友達を作るのは難しい
都築祥子2021年10月07日
「一度君と手をつないで歩きたかった」。恋愛モードどっぷりのくせに割り勘主義。70歳の同級生にうんざりして
手記
「一度君と手をつないで歩きたかった」。恋愛モードどっぷりのくせに割り勘主義。70歳の同級生にうんざりして
進藤麻実2021年09月30日
ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」
エッセイ
ヤマザキマリ「イタリアの女たちからのいじめを跳ねのけた、或るタフな日本女性の思い出」
ヤマザキマリ2021年09月29日
五木寛之「太地喜和子は、どこか聖なる場所からやってきた女という気配があった~ガルシア・ロルカの影」
エッセイ
五木寛之「太地喜和子は、どこか聖なる場所からやってきた女という気配があった~ガルシア・ロルカの影」
五木寛之2021年09月21日
小説家・車谷長吉と49歳で結婚。相手が変わり者でも、二人が仲良しである限り結婚は良い制度である
エッセイ
小説家・車谷長吉と49歳で結婚。相手が変わり者でも、二人が仲良しである限り結婚は良い制度である
高橋順子2021年09月06日
ページのトップへ