佐野洋子

佐野洋子

さの・ようこ

1938年生まれ。幼少時代を中国・北京で過ごす。武蔵野美術大学デザイン科卒業。主な作品に、絵本『おじさんのかさ』『わたしのぼうし』(講談社出版文化賞絵本賞)『100万回生きたねこ』『ねえ とうさん』(日本絵本賞・小学館児童出版文化賞)、童話『わたしが妹だったとき』(新美南吉児童文学賞)、エッセイ『ふつうがえらい』『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)『シズコさん』『役にたたない日々』など。2003年に紫綬褒章、08年に巖谷小波文芸賞を受ける。2010年永眠

ページのトップへ